読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいのむきだし

こんにちは。おはつにおめにかかります。雪原です。

2月の22日は午後2時から園子温愛のむきだし』の上映会が第4講義室でひっそりと行われました。

ひらがなで書いてみて思いましたが、あい、というのは五十音順の最初の二文字ですね。いやべつにだからどうというわけではなく…。

4時間の長丁場でしたがシーンごとの演出がはっきりしていてテンポもよく、わたしは最後まで飽きずに見れてしまいました。気になる方は観てみてください。

前半はどろどろの人間関係でしたが、後半から思いがけずアクションに突入しあれよあれよというまにラストシーンになだれ込んでしまいます。といいますか、後半の展開を知らずに上映してしまい、ちょっとまさかこんなはずでは…と企画者本人が頭を抱えてしまいました。

個人的には、

「変態なりにちゃんと生きてる!」

のセリフがよかったですね。そうです。ちゃんと生きることが大事なのです。

こう言うと、二股も三股もかけるサークルクラッシャーは「ちゃんと生きてない」と思われそうですよね。でも、、そうでしょうか。股をかけないためには相手を選ばなければならないし、相手を切り捨てなければなりません。切り捨てるというのは、心のなかでそう思うのではなくて、相手があなたに抱く期待を具体的に拒否しなければならないわけです。拒否には理由が要ります。その理由は…それは、往々にして、別の相手があなたに抱く期待、ではないでしょうか。そして、その相手の期待を特別視する理由は、あなたがその相手の期待を期待している…これでは、独りよがりと何の違いがあるでしょうか。

すべての期待に応えることができない以上、どこかで妥協は必要です。しかし、この妥協のさもしさに気づき、それを許すことができなかったとき、自分ではちゃんと生きようとするつもりが、事態をますます悪化させてしまう。ちゃんと生きるということは、難しいですね…。

結局本作は、母の期待に応えることがちゃんと生きることである、ということに気づくところにカタルシスがあるのでしょう。でも、それではコイケさんはファロスに負けてしまったことになるでしょう。ここはぜひ、コイケ視点でもう一度脳内再生して、どろどろ具合を堪能してください。

それにしても、なんと言いますか、勃起は決して正しい相手にあなたを導いてくれるわけではないと思います…男性諸氏。

2/18 活動報告

平会員のにしなんとかです。こういうブログ編集のような仕事もどんどん下に引き継いでいこうという話になり、とりあえず僕が活動報告を書いてみますよ。

参加者は新しくやってきたのが2,3人で後はいつものメンバーといういつもと似たような感じでした。全部で10人くらいとちょっと少なかったのは春休みだからでしょうか。いつものように話題を適当に決め(後期はどうだったよ、とか)自己紹介。その後全体で追い出しコンパや来年の新歓などについて話し、後は適当に少人数で分かれて色んなことを喋りました。印象に残っているのは、最近はサークラ内にサークラ内で共有できない出来事が起きてるっぽいよね、など。不穏だ。新しくやってきた人の怪しい人間関係事情も面白かったですね。もちろん詳細なんてここで言えるわけないので皆さん安心して例会に来てくださいね。

12/17 サークルを作ろう!

懲りずにホリィ・センです。

今回の例会は「サークルを作ろう!」的なやつでした。学生時代のうちにサークルを作って運営する経験はけっこう貴重っぽいので、やってみるのは良いと思いますね。まじめにやれば人間関係も広がるし。

 

まあ、サークルクラッシュ同好会的には、新たにサークルができることによって、

・新たな人間関係が観測できる

・あわよくばクラッシュも観察できる

ので、立ち上げを支援するのも全然アリなわけです。

今回は3つのサークル(最早サークルですらなさそうなものもあったけど)について話し合われました。具体的に何かは秘密ですが。

 

「サークル研究のプロ」であるサークルクラッシュ同好会では、サークル立ち上げの支援もおこなっています。サークルを作りたい方、サークルクラッシュ同好会のサークルコンサルティングにぜひご相談ください。

(たとえば、ホリィ・センもサークル活動は5年目で、新歓も4回やってるぐらいなんで、どうすれば効率的に人を集められるかぐらいは分かります。人を集めた後の「持続可能な活動」や「人間関係」とかも含めてサポートしますよ)

 

ではでは。

ホリィ・セン

12/7 女装会と忘年会

久々に超まともに活動したんで活動報告ブログ書きます。ホリィ・センです。

京大の11月祭(NF)で会誌を出すのもあって、僕も「忙しい」とかいう言い訳をしてて例会自体がけっこういい加減になってました(ひたすら話すだけみたいな)。

 

しかし、12月7日。まともに企画して「女装会」というのをやることになりました。というのも、サークラ同好会は恋愛こじらせ勢も多ければジェンダーこじらせ勢も多く、その結果かは知らないですが、女装に興味のある人が多いからです。

「女装会」ということで、筑波大学の男女不問ミスコンに女装で優勝された経験があり、今も幅広く活動していらっしゃるあしやまひろこさんをお呼びしました。

詳しくはコチラ→あしやま ひろこ のウェブサイト

 

その内容ですが、主に女性陣に服、化粧品等を持っていてきていただきました(ウィッグ持ってきてる男性もいた)。誰が女装するか、メイクを誰がやるか等の相談もしつつ、まずは会員の一人(男性)を使って、普段メイクをやっている女性会員にメイクを実演してもらいました。

まあ、人によって使うものや順番などは違うようですが、大体メモってたらこんな感じでした。

①化粧水を吹きつけて手でのばす

②乳液orニベアをつけてのばす

③下地・ファンデーションの代わりに使えるBBクリームをでこ、鼻、ほっぺた、アゴあたりに乗せてのばす(あんまり押さないで叩く感じ)

④まぶたのくぼみを埋める感じでアイシャドウ(青色とか使う人もいるけど最初は茶色が無難)

⑤アイラインを引く(目の形によって合う形があるので、引き方を変える。例えば、一重だったら横に伸ばして切れ長、二重だったら縦に伸ばしてパッチリ、みたいな)

⑥アイプチ→二重とか奥二重とかになるやつ。目の上に塗って、透明になるまで待つ

⑦ビューラーとマスカラ→ビューラーはまつげ挟んで形を整えるやつ。マスカラはまつげに塗るやつ。

⑧眉毛を描く→平行とか角度とかで印象変わる

⑨チーク→ニカッと笑った顔の盛り上がったところに塗る

テキトーにメモってたので合ってるかは知らんけど。勉強になりました。

 

そして、あしやまさんは女装のプロということで(?)女装に関して、実際にメイクを実演していただきながら講義していただきました。

内容は企業秘密もあるみたいな感じでしたので割愛。

 

んで、服着たり合わせたりウィッグ被ったりでした。

僕も人生初の女装をしましたが、満足度高かったです。本当にありがとうございました。

本当にいろいろ勉強になりました。知識として知るだけでなく(知識としても知らなかったけど)、実際にやると感覚として分かることもいっぱいありますね。月並みなこと言うと、メイクって大変なんだなあとか。

 

女装会が終わった後は忘年会でした。すき焼きを食べました。楽しかったです(小学生並の感想)。幹事をやってくれた友人(サークラ会員なのか非会員なのかどっちなんだろう)にも感謝。

あとなんか僕は誕生日だったんで祝っていただいて感動して泣きました。いい話だなー。三島由紀夫の『不道徳教育講座』ってのをもらいました。読みます。

7/16 活動報告

ブログの存在が完全に頭から抜け落ちてました。会長のホリィ・センです。

7月16日ってどんな活動してましたっけ。憶えてないです。というのは冗談ですが、しっかりは憶えてないです。

 

サークルクラッシュ同好会会誌2.5号を作る前だったので、編集終了日とか、会誌製本日の打ち合わせとかしてましたね。紙は自分達で折って自分達で集めて自分達でホッチキスでとめてるんで、製本作業は普通に忙しかったりします。

 

サークラ同好会のメールアドレスに「サークルコンサルタント」の相談メールが来てたので、それについて話し合ってました。我々は人間関係のプロ()なので、常にサークルなどの集団における人間関係に関する相談は受け付けてます。秘密も守ります。相談はこちら→circlecrushあっとgmail.com←(あっとを@に変えてね)

 

その日は会誌制作まで一ヶ月もなかったので、特にやることを決めていなかったのですが、なんかいろいろ話してました。ロクデナシ子さんが逮捕された件について話題になったので、「性的なものを抑圧する文化はけしからん」という話を誰かがしてましたね。もちろん、ロクデナシ子さんの件については3Dプリンタの問題や、女性に対する抑圧の問題等、他にもいろいろな要因が絡んでいると思われますが。

 

あと、僕が性懲りもなく恋愛関連のことについて悩んでいたので、その悩みを聞いてもらってました。具体的には、「恋愛感情」と「性欲」との間の関係性をどのように考えればいいかみたいな話です。

例えば、性欲を正しく自慰によって満たす、適切な自慰の仕方を学ぶことが重要とか誰かが言ってたけど、それに対して自慰は純粋な性欲であって、「恋愛感情」と「性欲」との間にはシナジー効果がある:やっぱオナニーとセックスは違う、みたいな反論をしてた。何の話だ。

例えば、相手への恋愛感情なしで性行為をしてもよいのかどうかという話もあった。「恋愛の後に性交があるべきである」というのはロマンティック・ラヴ・イデオロギーの一種で、性風俗も発展している昨今、時代遅れの考え方なのだけど、僕としてはそこにおけるアイデンティティを失いたくない:恋愛感情なしで簡単に性交してしまうことによって、性交に対する考え方が根本的に変わってしまうんじゃないかという恐れがある、って話とか。世のヤリチンマンはそういうことをしているんだろうし、それはそれで合理的なんだろうけども、それでもやはり自分の根っこのアイデンティティが崩壊してしまうようで恐いんだとかそんな話。

実際、こういうことは1年半ぐらい前に考えたもので、実際にアイデンティティが揺らぎそうだったから、徹底的な知性化によって防衛しなければ自我を保てなかったなぁと↓

落ち着けMONOLOG(仮) 私がなぜオフパコによって童貞喪失したのかについて

 

久々にそんなことを考えたものでした。皆さんに相談に乗っていただいておかげでいろいろ考えが進みました。いやまあ、こんな変な内容じゃなくとも、サークラ同好会はいわゆる「恋バナ」ができる場所ではあると思います。なんであれ恋愛関連の話が好きな人は多いと思いますし。

 

んで、全体としての集まりが終わったらみんなでご飯を食べに行きました。京大のルネに行ったんだったかな。まあ普通のサークルですよ。〆

7/7 例会活動報告「ジェンダー論」

こんにちは。@hidesysです。遅れましたが、例会をしましたので報告の記事を書きます。

 

この日はジェンダー論の話をしました。著名な社会学の先生が、「サークルクラッシャーという用語自体がポリティカル・コレクトネスじゃない」みたいなことをおっしゃっていたりだとか、一般的なサークルクラッシュって異性愛規範を前提にしていてかつロマンティック・ラブイデオロギーを内面化した人が出てきたりとかで、サークルクラッシュってそもそもジェンダー的に危ういという指摘は何度もされてきました。

で、そんなサークルクラッシュ現象を扱うサークルなんだから、ジェンダー論的な話はとりあえず知っておいて欲しいな、自分の発言や行動に内省的になりかつ社会構造に対して気付きの目を持って欲しいな、と思ってジェンダー論を例会で扱うことにしました。

とりあえずひでシスがスライドを作ってきて、トピックごとにみんなで話をするという形式を取りました。全体的に見て僕の目標は達成できたかなと思います。かなり有意義な例会でした。

議事録を読みたい人がいたので許可を取って録音しました。文字起こしをして匿名化してから、スライドと一緒にまた新しく記事としてアップしますので少し待ってください。

 

またでは。

例会活動報告  『モテキ』を見たから、その雑感

平部員のよつぼしです。
サークラ同好会でもブログを書くということで、この前の例会で観賞した映画『モテキ』について批評&雑感を書きます*1

ブログのトップバッターですが、自分がレビュー力あるとか役職があるとか、全然そんなことはなくて、深い意味はないです。

 

さて、本題へ。

 

 俗な感じがする作品だけに「見たら負けだ」という思いで見ずじまいだったのですが、サークラに関する作品だから観賞しようということで、このチャンス逃したら見ることないだろうなと思い、せっかくなので見ました。まあ、サークラに関係する作品というのは、だいぶこじつけな感じがしますけど。共通項は、モテない男性が女性に翻弄されるところ?

 最初に映画の総評を言うと、豪華キャストの上、演出・演技力が高く、笑えるところもあれば緊張する場面もあり、最後まで見れるんですけど、ところどころ行動の心理的な根拠がよくわからないところがあり、特にラストが強引で主人公がストーカーばりに追いかけて強姦まがいにキスしてのハッピーエンド演出に残念の一言(また注意深く見返したら、評価も変わるかもしれませんが)。


『モテキ』予告 - YouTube

 それから、映画全体についてツッコミをさせてもらうと、美女4人のハーレム状態を想起させる宣伝をしておきながら、実質2人の女性としか恋愛関係になってない!! 長澤まさみ演じる松尾みゆきがメインヒロインで、麻生久美子演じるるみ子がサブヒロイン。あとの二人は、主人公を童貞だのやたらバカにする毒舌先輩社員(真木よう子)と、愚痴を聞いて励ましてくるガールズバー店員(仲里依紗)というモブキャラ。広告&パッケージ詐欺だよ(怒り心頭)

 とりあえず、超ザックリ内容をいうと、

  • 主人公がtwitter経由で趣味の合う松尾みゆきと知り合い、仲良くなる。
  • さらに、主人公が、みゆきの友だち・るみ子とも仲良くなって、寝てしまう。
  • 主人公が(罪悪感に耐え切れなかったのか)「るみ子とやった」と漏らし、みゆきブチギレ。
  • やっぱりみゆきが好きな主人公は、るみ子から好かれるが「重い」「趣味が合わない」と拒絶。
  • 以下、みゆきとの仲を戻そうと必死に頑張る主人公。

実際はもっとみゆきに同棲中の彼氏がいたりして複雑なのですが、こんな感じ。

 う~ん、もし自分だったら、みゆきではなくるみ子を選んだと思う。というのも、作中で主人公は趣味が合わないことや重たいことを理由にるみ子を振り切ったが、恋愛していく中で趣味は合わせていったり妥協していくことも可能だと思うし、るみ子さんもそこまで重たいと言えないんじゃないかなと個人的には思った。主人公にとっては、みゆきとの趣味や息が合うことが遥かに上だったんだろうけど。

 あとは、友だちのるみ子とセックスしたことを告白しちゃったのが格好悪いなって思うのと、ふつうはそういう形で壊れた関係は二度と戻らないと思う。もし自分が好きな相手の友だちとセックスしてしまったとしても、堅く口を閉ざすか、バレる恐れがあるならちゃんとした形で謝ります。まあ、そもそもとして友だちと寝てしまう時点で相当クズで、ここさえなければ何も問題はない。自分はこういうケースに陥ることが幸いにもないだろうし、考えても意味ないな~って結局は思ってしまいます。

 他にも、長澤まさみが、胸元見せたり胸もまれたり、キスしまくりで、「すごい体張ってる」とか言っておきたいことは色々ありますが、他の人の意見と大して変わらないしクドクド書いても仕方ないと思うので、このあたりで。

*1:6/18(水)の話です。例会ではいつも映画の観賞をしているわけではなく、様々なことをしています。