1日の終わりにペペロンチーノ

【この記事は新歓リレーブログ企画~なぜあなたはサークルクラッシュ同好会に入ったのか~の為に書かれたものです】

 

皆さんこんにちは、ちかです。

私は今麗らかな春の日差しの下、最近引越したシェアハウスの玄関に飾る紫陽花をさす為の花瓶を買うんだという強い決意を胸にひとりぼっちで大学の授業を受けています。

 

まあそれは良いとして。

 

1,入学当初

昨年である2017年の春、わたしは京都の私立大学に入学しました。その頃Twitterサークルクラッシュ同好会のビラの写真が少し話題になっており、気になった私は当アカウントをフォローしました。でもやっぱり怖くてDMや新歓に行くことは出来ませんでした。

 

私は部活という制度が大嫌いで、中高の6年間では卒業要件だった中学1年生の時しか所属していませんでした。好きな時に好きなことをするからこそ好きな訳であって、朝練や放課後練に行ったり先輩と人間関係をシッカリやったら嫌いになるだろうなと思っていました。

 

だからこそ朝練も放課後練もシッカリとした先輩との人間関係もない大学でのサークルが楽しみで楽しみで3つも入りました。

 

2,サークルに行かなくなった

嬉しくて入ったサークルですが全て結果的に行かなくなりました。

①法律系サークル

そもそも一度も行かなかった。LINEグループに共有される過去問を保存するだけ。

②天文系サークル

5月の新歓合宿だけ行った。過去の失敗談とかをべらべらと喋り大ウケしてくれた仲良くなった子達は皆片道1時間離れたキャンパスの学生だった。サークルのご飯会のメインの場所もそっち。月一の観測会は参加費1万円で奈良までいく。面倒くさくなった。

③国際交流系イベントサークル

所謂伝統あるちょっとボランティアもするウェイサー。そこで出来た友達が全員辞めたので私も辞めた。

 

といった感じです。他にも時期は夏ですが自費で2週間ネパール行くほどコミットしたボランティアサークルもあったけれど、諸々の理由で入会しませんでした。

 

3,先斗町散歩

さて読書の方は「どうせサークル全部辞めたからサークラ同好会に入ったんでしょ」とお思いだと思いますが、少し違います。

 

時は6月、こんなにもサークル入ってるのに1人も法学部の女の子と話す機会すらなく心が打ちひしがれていた頃、先ほどあげた3番目の国際交流サークルの1つ上の男の先輩と仲良くなりました。

 

その人は話の引き出しが本当に多く、社交性の塊のようなひとで知らない人達とUSJに行ってめちゃくちゃ楽しむようなひとでした。そんな先輩を心から尊敬していました。ひょんなことから四条ですがりという店のつけ麺を一緒に食べることになり、そのあと夜の先斗町を2時間ほど話しながらぶらぶらと散歩していました。

元々素敵だと思っていた先輩と仲良くなって完全にだめになってしまった私は「もっと色んな人と話したら良いよ」というようなアドバイスを有り難く有り難く頂戴し、色んな人…今まで話したことがないタイプの人…サークルクラッシュ同好会のひと!?!?と突っ走り、サークラにDMを送ったのでした。

 

ちなみに本当に完全にだめになった私は改札で「このあと泊まりに行っていい?」と聞かれパニックになり「お母さんが来てるので!!!じゃあ!!」と電車に乗らず歩いて帰る挙動不審者になってしまいました。

 

その3ヶ月位後、先輩が「あの人とは仲が良いけどお姉さんみたいな存在だから付き合うとかはないよ。」と言っていた女性と付き合い始めたと風の噂で聞き、やっぱりな〜〜〜!と思ったのを覚えています。

 

4,DMが返って来た

勢いでサークラ同好会に送ったDMですが、丁寧な返信が返ってきたのを覚えています。相手は今の会長のかしぱん君でした。「サークラ同好会とは関係がありませんが、金曜日にサクラ荘というオープンシェアハウスのパーティがあるので来ませんか🐥」というお誘いを受けて行きました。そこでサークラ同好会の初代会長のホリィセンや会員の方と初めてお会いしました。あとはまあ取り立てる程の事はないのですが、特に人間関係のゆるさや新しいことを色々知れるのが楽しくて例会にも顔を出すようになったのでした。

 

5,シメが思いつかないけれど

最後までお読み頂きありがとうございました。このサークルはLINEのグループに入れば入会、入会費はありません。サークルクラッシュ同好会はあなたの入会を心待ちにしております。ではまた例会で。